2021-12-06

あぁ、神様! Oh my GOD !


  圃場整備が行われている近所の風景は、水浸しのカリフォルニア。

 近所がきれいになっていくということはいいことです。ついでに身の回りも。

 今日は、窓ガラスや網戸を磨き、庭の夏にはえまくった私がこれはいらないと思う雑草を抜きまくって庭の整備をしました。もちろん朝からは、いつものルーティンで掃除機をかけてモップをかける。

 なんでかって? 

 店をきれいにするのは一番のもてなしである。

 そして、自分がいつもいるところをきれいにしておくのは、心の浄化には一番いい。掃除をしてると、花びんに反射してこんなきれいなものが見れることもある。



 ゴシゴシ掃除していると、ちょっと人間関係でゴタゴタした友人から電話がかかってきて、自分が掃除中なもんだから、そんな言葉が口から出ただけかもしれない。

 それより何より、やっと久しぶりにゆっくりした休日であるのに、なんでここまでゴシゴシしているのか。それには訳がある。

 今朝、いつものように目が覚めると、すぐにパピコと一緒に床を出て、パピコを外に出してご飯をあげる。で、散歩して二人(一人と一匹)で寝ていた床をあげる。私たちが、寝ているのは折りたたみ式のソファベッド。

 そのソファベッド、最後の一たたみをしようとしたところで、

「ん?」

 いるではないか!大きな大きなG !  

  私は、奴に対して何もおくびる事なく素手で退治できる。で、バンっ!と叩いたところ、グチャ!と普通はなるあの感触がない!

「ん?干からびてる?」

 触ってみた。干からびてない。シトっとしている。

「ん?」

 摘んでみた。パリパリじゃない!もっと触ってみる。粘り気がある。

「ん?」

 ゴム、で出来てる・・・おもちゃやん・・・

 なんで?ここ? 私とパピコしかいつもいないはずやん・・・誰?オーマイガ!

 あぁ、神様!どうしてこんなおもろいい事するんですか!掃除頑張っちゃうじゃないですか!



 きれいになったら、心の浄化の散歩。 

 G 証拠写真、載せときます。



 


2021-11-24

高千穂へ

  たかちゃんが、

「今度ユッキーと高千穂へ行きますよ。」

 とカウンターで軽く話してたのは数週間前のこと。

 今月はお弁当の大量注文があったりで店の通常営業が少なく休みだらけのうちの店。

 いやしかし、店は休みだけど私は大いに働いている。たまには息抜きもしなくっちゃだよね。と勝手に決めて、一緒に連れて行ってもらうことにした。

 早朝5時起きのたかちゃんが、那珂川の実家にいる私を7時前に、大野城市のゆっきーをその後ピックアップして太宰府インターから高速に乗る。熊本でインターを降りて南下。

 最初の目的地は五ヶ瀬の祇園神社。かなり歴史のある神社のようで、狛犬ではなく閻魔様が鳥居の左右を守っています。もちろん狛犬のようにちゃんと阿吽のお口。


この神社の駐車場で高千穂の友人にメールを入れる。

「私、高千穂でカフェしている友達がいるんだ。」

「え〜、そこ行きましょう。高千穂ご飯食べるところすごく少ないんですよ。」

 と、たかちゃんが答えたので、高千穂の友人玲子さんに、メールを送ると、自分の店は今休業中。どこかお昼ご飯食べるところ探しときます。とのこと。そして、五ヶ瀬にいるならぜひ、祇園神社と妙見水まで行ってきてください。と。

 すぐ近くに妙見水を発見。結構降ります。


 こりゃみる価値あるわ。4億年前の水って・・・誰が計算したんやろ・・・


 一行は無事お昼前に玲子さんの店に到着〜



 随所が凝ってて可愛い〜。
 そして四人で、お昼ご飯を食べに。器も味も素敵なお蕎麦屋さんでした〜
 観光地なのに店舗数が圧倒的に少ない高千穂は、観光客がご飯食いそびれてブチ切れるケースもしょっちゅうだとか・・・(現地人、玲子さん談)


 さて、玲子さんも加わって、高千穂の神社廻りです。神社に詳しいたかちゃんと現地人の玲子さんの案内で巡ります〜
 いやしかし、小さな町なのに高低差がありすぎ!九年前に糸島から高千穂に移り住んだ玲子さん、住み初めの頃は高山病気味だったんだとか。いや確かにフラフラするわ。橋の下は200mくらいあります。脚がすくむ。


 さて、車一台がやっとの山道。前から対向車くるなよ。と祈るばかりの山道を走って走って、道間違えて折り返して。やっとついた秋元神社。小さな神社でここにくるまでの道のりも相当厳しいのに、後から後からお参りの方がやってきます。裏の山がすごい!


 んで、秋元神社への行き帰り。この方達が出迎え見送ってくれました。出来過ぎで怖い〜


橋ばかりかかってる〜


神様に近い場所なんだろうな。
お次は瀬織津姫。


瀬織津姫を祀ってある神社はとても希少らしいです。(玲子さん、たかちゃん談)
そして八大龍王〜 雄雌〜上り宮と下り宮。
もうどこに行ったんだか、訳がわかんなくなってきました〜




 日も暮れかける前に、玲子さんのカフェで一服。栗羊羹屋さんでどら焼き買っといてよかった〜



 そして最後にもう一つ、麻生さんの奥様もお参りに来られたことがあるという神社にお参りに行ったのだけれど、暗くなりかけで写真撮るのも憚れる感じだったのでやめときました。で、名前も忘れた。

 神話の里で周りに回った高千穂の旅。充実しすぎでした。たかちゃん、ゆっきー、玲子さんありがとう!楽しかった〜〜

















 


















































2021-03-14

「いとの森の家」の旅

 




美術学校を卒業した私は、学校の先生のご主人が経営するデザイン事務所に就職先が決まった。そこで初めて彼女と出会った。かれこれ30年前の話だ。入社して間もない頃にあなたはどんな音楽を聴くの?と聞かれて、「演歌からレゲエまで何でも聴きます」と応えたら、(あぁ、この人とは仲良くなれそうにないな)と彼女は思ったらしい。


ガンガン仕事をこなす彼女は、それまでの仕事ができる女性の私のイメージを払拭した。彼女が選ぶ服装や音楽、映画、デザインの作品などには私の好みと重なるものがたくさんだった。バブルが弾けた頃の東京で美味しいものを見つけ出してたくさん食べに行ったし、好きなミュージシャンのコンサートやライブにもよく一緒に出掛けた。

彼女が通っていたから、真似してフランス語まで習いに行った。


通っていたデザイン事務所を辞めて、独立した彼女はフランス語の留学でパリに行った。私はイタリア暮らしをしていた頃で、イタリアから帰ってきたら彼女のいるパリに遊びに行きついでに南仏旅行まで一緒に出かけ、今では彼女のご主人である当時の彼氏にも出会わせてくれた。



それから長い間出会うこともなく、手紙をやり取りすることもなくなってしまっていたある日SNSのメールに彼女からのメールが入り、彼女が二人の女の子を育てながらフランスの郊外に住んでいることなどを話してくれた。

「会いたいね。」そういうと、おいでよ。と軽く言ってくれる。本当に行くよ。近所の安ホテルを紹介して、というと どうして?うちに泊まりなよ。と言ってくれ、5年前にフランスへ会いに行った。


そして今年のお正月。「今、巣鴨にいます。」と、大人になった二人の娘たちの写真が送られてきた。どういうこと?

このコロナ禍の中、彼女のお母さんが危篤で11月に日本へ帰国。PCR検査を受けた後二週間の隔離、その後青森にいるお母さんに会えたのはガラス越しの20分間。そして、少し落ち着きつつあったコロナが再び猛威を奮い出しフランスに帰れなくなってしまった。しょうがないので娘たちと3人で豊島区辺りにゲストハウスを見つけて住んでいるらしい。


お正月もずいぶん過ぎた頃、その後どうしてる?と連絡を入れると3月中旬にフランスに帰れるようになったと。よかったね、それまでに時間があったら福岡に来ない?と誘うと二つ返事で来福することに。

3月頭に来福することになり、お互い口には出さなかったが久しぶりの再開にワクワクしていた矢先に彼女から一通のメール「昨日母が息を引き取りました、今から青森に行ってきます。今回の福岡行きはひとまず延期します。」


それから一週間後、彼女は福岡にやってきた。あの頃はどうだった、あそこのあれはおおいしかったね、話は尽きない。お互いの好きな本を紹介し合い、やっぱり三島由紀夫は最高だね!というところに行きついたり、輪廻転生だよね、豊穣の海だよねと頷き合ったり、「そういえば春樹さんは三島が好きじゃないし読んだこともあんまりないって言ってる割には女性の描写がすごく似てるのよ、特に『羊をめぐる冒険』と『夏子の冒険』がかぶるの。

好みが似てると、共感するものへの反応も似てくる。

「パピコの前の犬が亡くなる時に「死ぬ」って言葉が空から降ってきたんだよね。」

「あ、私も今回母が亡くなるときに3つ感じたことがあった。

一つ目はまだ日本に来る前。もう数年前から認知症が進んでまともに会話ができなくなった母から電話がかかってきてね、天国にいるお父さんが準備ができたからそろそろおいでって言われたのよ。って言ってる、そんな夢を見たの。 で、二個目は11月から日本に来てて、でもこれと言ってやることもないし娘たちとスーパー銭湯とか行ったりして、こんなことしてていいのかなぁ?なんて思っていたら私の体に母が入ってきたような、すぐ近くで母もお風呂を楽しんでいる感覚を覚えたの。で、これでいいんだって思った。3個目は映画おくりびとみたいにね、亡骸を拭き上げているときに、あもうここに母はいないって納得した。

単なる私の解釈なんだけどね。」

久しぶりに会った彼女との会話を俯瞰しているわたしは、まるでドラマ「いとの森の家」を見ているようだった。


おみやげにもらった本。


2020-11-20

2020年、島根への旅


 10月のある日に母から電話があり、お父さんがね足立美術館に行きたいな。パピコも一緒にって言ってるの。と 

ふむ、足立美術館といえば島根、以前出雲大社に車で連れて行ってもらったことがあったけどそりゃ遠かったことを思い出し、私一人の運転では到底無理だなと、東京に住む弟に相談してみると、二つ返事で快諾。

11/11,お昼前に福岡空港に到着した弟をピックアップし、牧のうどんで腹ごしらえをしていざ出発。高速からのぞむ中国道の紅葉の美しいこと。

御多分にもれず、高速でのナビに間違いを起こし道に迷ってしまい、境港の宿に19時過ぎに到着予定が、21時になってしまう。あ〜、風呂は?夕食は?

宿の方に大浴場があるスーパー銭湯的なものを紹介してもらうも、どう考えてもちと距離がありすぎる。もうこれは夕ご飯を先にしよう!と宿から歩いてすぐの居酒屋へいってみる。

なんと大当たりな居酒屋! 久しぶりに大変おいしいお魚を日本酒で堪能しました。家族全員こんなおいしいの久しぶりに食べたね〜と口々に言い合い、そりゃそうだよ、自粛自粛で我慢してきたもん〜


港町での朝の散歩。

向こうの通りは水木しげるロード。

宿の隣の喫茶店にて、モーニング。熊本出身の気のいいおばちゃんとボッコリヤンキーなお姉さん。私と栞ちゃんも傍目にはこんなふうに見えているんではないだろうか?と不安になる。


朝ごはんを済ませて、水木しげるロードをみんなで少し楽しんで、(朝早いからどこの店もまだ開いてない)いざ、足立美術館へ。


男おしんと言われた、足立全康さん。たった一枚の横山大観の絵が、彼を奮起させる。
確かに、大観の絵はこの美術館に飾られている他の作家の作品よりも躍動的で、それは陳列の順序からも窺えて、いい効果を奏している。
大観の作品がより映えるように、そして故郷への思いの深みがこの美術館の庭園のあり方を語っている。
ただ、美術館の横の安木節の会館とのバランスが残念だった。


お昼も過ぎたところで、出雲そば目掛けて出雲へ。
島根を東から西へ横断。弟が探し出したお蕎麦屋さんがこれまた絶品。
旅でのご飯は、大事です。
大正天皇だったかな?にも献上されたお蕎麦。



お腹が満たされたところで、出雲大社へお参り〜


旅のミッションはこなしました。
さ、帰路へ。


壇ノ浦でフグチリ鍋セットを買って、大急ぎで帰るも22時は軽く過ぎてました。
もうみんなでバタバタお風呂の準備をしたり、ご飯の用意をしたり。二日目の昼からんこ出てなかったパピちゃんも、帰って来ていつもの公園に行ったらポロリンコ。

座敷に敷いた布団のところへ行くと、弟の布団に丸まっているパピコ。

翌日、弟を空港まで送って、ちょっと実家で一休みしてから糸島に帰ろう〜ってところで実家の母と大喧嘩!(これは誰に話しても大笑いされる。旅行あるあるでんな。)

また、家族みんなでどこかにいけますように。










2020-10-22

そうちゃんのやりたい事



毎年の年末年始は実家に帰るようにしている。元旦は、家族とともに薫とえりちんとこの友達家族もやってくる。2件ともシングルマザー。
薫のところは看護婦さんになりたい高校生のタマちゃんとサッカー少年のそうちゃん。旦那さんは、3.11の前日に出て行ってそのまま帰ってきてない。
えりちんとこは、私立の中学校に通うまよちゃん。旦那の茅葺き職人だったそわかは3年前の夏にあっけなく屋根より上まで登って行ってしまった。

まだそわかが今世で茅葺き屋根職人をしていた頃、うちの実家とそわかの実家が歩いて行けるほどの距離だということに気づき、元旦の日の酔い冷ましにと たまちゃんそうちゃんに姪っ子たちも伴って犬の散歩に出かけた。そわかに電話してみると、100メートルほど先の小道から元気な顔が見えた。
「おめでとう」
「おめでとうございます。」
「うちに来て飲まない?」
「いいね、おじゃまする。」
正月に実家で飲むのは恒例となり、お互いに出会えるのを楽しみにしていた。

立春がすぎたころ、薫からこんな話を聞いた。
中学2年生のそうちゃん。間も無く学校である立志会で提出する作文がなかなか書けない。
「たまちゃんはなんて書いたの?」
「あのこは、その時から看護婦さんになりたいって言ってたわよ」
「僕、まだやりたいことなんて思いつかない。先生にそう正直に言って書いていいですかって聞いたら、ダメって言われた。とにかくなんでもいいから書きなさいって。」
この作文で生徒一人一人の進路の方向性を先生たちが考える材料にするらしい。

「ねぇ、ママ 僕 建築とかが興味あるかな?」
「え?そうちゃんが建築?ゼネコンとか?なに?どんな感じの建築?」
「あの、ほら宮大工とかっていうと? あのそわか君みたいな仕事。」
「茅葺き職人?」
「それそれ!僕、あんなのがかっこいいと思う。」
「へぇ〜!じゃそのことを書いてみたら。」

小学生の頃、2回元旦にそわか君に出会っただけのそうちゃん。
最後にそわかくんを見たのは、お葬式の時に流れていた彼の茅葺き職人の頃のビデオ。
また、来年の元旦に会うのが楽しみだね。







2019-04-15

Orange という町へ



やさしいたっちゃんは、目がさめると
「マコさんが好きそうなとこがあるっちゃん、今日はそこへ行こう!」
そう言って車の運転を始めた。
「俺たちの、アメリカのイメージって大滝詠一よね、ほら!このドーナッツの看板とかまさしくやろ?!」
うんうん!(あぁ、ナイアガラトライアングル、白川さんの代表作やん、、、)
「ほら!気球船も見えるよ〜」





たっちゃんがやさしいのは今始まったことじゃないんです。
かれこれ、30年くらい前のクリスマス。東京の街は東京ラブストリーの影響でカップルだらけ。
なんなんだ!この影響されやすい東京ボーイズ&ガールズは!ひ、一人で歩けんやんか〜〜い! というわけで、独り者の私は飯田橋で働くたっちゃんの職場に忍び込み、
「お願いたっちゃん、今日は家に一人で帰りたくないけん、一緒に帰って〜!」
「いいよ〜」
「ね、ご飯食べて帰ろうよ!ら、ラーメンとか!」
「いいよ〜」
同じ最寄駅について、バイバイ。
救われたよ!まだ、うら若き頃のあたしゃ! 余談でした。


さて、車がついた先は、町中がオールドタウン。
どういうこと!あんな車走るの?いや、走ってる、、、



最初に連れてってくれたこの店がツボだった!



写真ガンガンいきま〜す!














































すでに鼻血でそうなのに、外に出てみると、、、
きゃ〜〜〜!














































お店の庭、もっともっとかわいくしよう!と心に誓いました。
お昼ご飯食べて、まだまだアンティークショップは山ほど、、、

今回、猛烈に気に入ったこの子。連れて帰って来ればよかった、、、



夕食はショッピングモールへ



これ欲しかった〜



アメリカ南部のご飯、初めて食べる味で美味しかった。



楽しい週末だった。