2021-03-14

「いとの森の家」の旅

 




美術学校を卒業した私は、学校の先生のご主人が経営するデザイン事務所に就職先が決まった。そこで初めて彼女と出会った。かれこれ30年前の話だ。入社して間もない頃にあなたはどんな音楽を聴くの?と聞かれて、「演歌からレゲエまで何でも聴きます」と応えたら、(あぁ、この人とは仲良くなれそうにないな)と彼女は思ったらしい。


ガンガン仕事をこなす彼女は、それまでの仕事ができる女性の私のイメージを払拭した。彼女が選ぶ服装や音楽、映画、デザインの作品などには私の好みと重なるものがたくさんだった。バブルが弾けた頃の東京で美味しいものを見つけ出してたくさん食べに行ったし、好きなミュージシャンのコンサートやライブにもよく一緒に出掛けた。

彼女が通っていたから、真似してフランス語まで習いに行った。


通っていたデザイン事務所を辞めて、独立した彼女はフランス語の留学でパリに行った。私はイタリア暮らしをしていた頃で、イタリアから帰ってきたら彼女のいるパリに遊びに行きついでに南仏旅行まで一緒に出かけ、今では彼女のご主人である当時の彼氏にも出会わせてくれた。



それから長い間出会うこともなく、手紙をやり取りすることもなくなってしまっていたある日SNSのメールに彼女からのメールが入り、彼女が二人の女の子を育てながらフランスの郊外に住んでいることなどを話してくれた。

「会いたいね。」そういうと、おいでよ。と軽く言ってくれる。本当に行くよ。近所の安ホテルを紹介して、というと どうして?うちに泊まりなよ。と言ってくれ、5年前にフランスへ会いに行った。


そして今年のお正月。「今、巣鴨にいます。」と、大人になった二人の娘たちの写真が送られてきた。どういうこと?

このコロナ禍の中、彼女のお母さんが危篤で11月に日本へ帰国。PCR検査を受けた後二週間の隔離、その後青森にいるお母さんに会えたのはガラス越しの20分間。そして、少し落ち着きつつあったコロナが再び猛威を奮い出しフランスに帰れなくなってしまった。しょうがないので娘たちと3人で豊島区辺りにゲストハウスを見つけて住んでいるらしい。


お正月もずいぶん過ぎた頃、その後どうしてる?と連絡を入れると3月中旬にフランスに帰れるようになったと。よかったね、それまでに時間があったら福岡に来ない?と誘うと二つ返事で来福することに。

3月頭に来福することになり、お互い口には出さなかったが久しぶりの再開にワクワクしていた矢先に彼女から一通のメール「昨日母が息を引き取りました、今から青森に行ってきます。今回の福岡行きはひとまず延期します。」


それから一週間後、彼女は福岡にやってきた。あの頃はどうだった、あそこのあれはおおいしかったね、話は尽きない。お互いの好きな本を紹介し合い、やっぱり三島由紀夫は最高だね!というところに行きついたり、輪廻転生だよね、豊穣の海だよねと頷き合ったり、「そういえば春樹さんは三島が好きじゃないし読んだこともあんまりないって言ってる割には女性の描写がすごく似てるのよ、特に『羊をめぐる冒険』と『夏子の冒険』がかぶるの。

好みが似てると、共感するものへの反応も似てくる。

「パピコの前の犬が亡くなる時に「死ぬ」って言葉が空から降ってきたんだよね。」

「あ、私も今回母が亡くなるときに3つ感じたことがあった。

一つ目はまだ日本に来る前。もう数年前から認知症が進んでまともに会話ができなくなった母から電話がかかってきてね、天国にいるお父さんが準備ができたからそろそろおいでって言われたのよ。って言ってる、そんな夢を見たの。 で、二個目は11月から日本に来てて、でもこれと言ってやることもないし娘たちとスーパー銭湯とか行ったりして、こんなことしてていいのかなぁ?なんて思っていたら私の体に母が入ってきたような、すぐ近くで母もお風呂を楽しんでいる感覚を覚えたの。で、これでいいんだって思った。3個目は映画おくりびとみたいにね、亡骸を拭き上げているときに、あもうここに母はいないって納得した。

単なる私の解釈なんだけどね。」

久しぶりに会った彼女との会話を俯瞰しているわたしは、まるでドラマ「いとの森の家」を見ているようだった。


おみやげにもらった本。


2021-02-09

びっくりが2。



昨日のお昼過ぎに、どうしてるかな?と思ったその本人から電話。

「今からジャックとトトロの森に行くの!」とのぶえちゃん。
「わ〜、私も行こうかな」
近所の芥屋の大門へパピコも連れてお散歩へ出掛けた。

芥屋の海岸でくつろぎながら、火山の発射台にも行きたいね。ということになり、野北の漁港近くにのぶえちゃんの車を置いて、私の車に3人と一匹乗って火山へ。


頂上まで行って、海を眺めていると電波塔の向こう側へ人が歩いていく。ヘェ〜こっちにも山道があるんだね。ちょっと降りてみようと私、ジャック、のぶえちゃんとパピの順で降りていく。
車で登れるところまで階段を降りていくと背中越しにボキッと音がして、「あれこれどうすればいいの?」とのぶえちゃんが踞っている。
何?どうしたの?足首から下が変な方に向いている。

あ〜、パピコがグイって引っ張ったんだ。
ごめんね、ごめんね。

「ジャック車までのぶえちゃんおんぶできる?」
無理やね、動かさないほうがよさそう。
「私、車のところまで行って、こちら側の山道から登ってくるわ」
今来た道を駆け上り、車に乗ろうとしたところで行き道に出会った男性に声をかける。
「さっき車で追い越して登って行ったものです。同行人が頂上で足を挫いてしまい、反対側の山道から車で迎えに行こうと思うのですが、のぼり口を教えてください。
「稲留だよ、稲留。初のもう少し山寄りね。わかった僕もそこに行ってみよう。大丈夫だよ。」
「はい、ありがとうございます。」
車で麓まで降りた頃、ジャックから電話が入る。
山を降りてきた男性に声をかけてここの場所を詳細に説明してもらって救急車を呼んだと。

私は彼らが降りてくるであろうあたりに車を止めて、救急車が降りてくるのを待った。
なかなか降りてこない。
頂上で出会った男性が歩いて稲留の登山道を降りてきた。
「あの、救急車は来たんでしょうか?」
「さっきついたよ。もうやってくるよ、大丈夫。」
やっと降りてきた救急車。
ジャックにメールをすると、いく先の病院を教えてくれた。

病院に着くと、のぶえちゃんはレントゲン室に。物凄い悲鳴と唸り声が聞こえる。
次に、CTを撮りに。
その後、ご家族の皆さんお話がと診察室に呼ばれる。
先生が指さすレントゲンの映像には、膝から下のスネの太い骨と、細い骨が折れているのが見える。
今回の骨折は、開放骨折と言って、折れた骨が皮膚を突き破って外に出てしまっています。ここで一番怖いのは、ここからバイキンが入って行ってしまうことです。ですので今から直ちに洗浄手術をします。
そう言ってあっという間に手術の準備が始まった。
はい、ここにサインして、ここにもサインして。とジャックの元に何枚もの紙がやってくる。

手術が始まった。30分くらいで済みます、と言われていたのに全然終わらない。
私とジャックは手術室の前で時々なんともない会話をしながら、ただただ待つ。
これから持ってくるもの、今日をかぎりに入院期間は一切会えないこと。などを看護婦さんが淡々と話しかけてくる。
一時間以上経った頃にやっと先生が出てきた。
ここでしっかり洗っておかなければいけないので、しっかりと大量の水で洗い、皮膚を少し切断して縫い合わせたと。この処理の後 菌がないようであれば、来週ボルトを入れる手術がやっとできるのだ。
入院期間はおおよそ2ヶ月、、、

手術が終わったのぶえちゃんは、麻酔が下半身に聞いてるので寒そうにしながらも痛みは麻痺しているよう。
これから家に戻って必要なものと持ってきて欲しいものを持ってくるよと母に話しかけるジャック。

看護婦さんがコロナのこともありますので、お話は10分程度で。と念を押してくる。

病院を後に、元岡の家に行って荷物をまとめる。
バタバタと病院に戻り、荷物を届けようとするとさっき時間の念を押した看護婦さんが入り口までやってきて「お荷物はここでお預かりします」と言って病室には行かせてもらえなかった。

真っ暗で何も止まっていない駐車場で車に乗り込み、さて、次は野北においたのぶえちゃんの車をとりに行かなくちゃね。と最後の力を振り絞る感じでエンジンをかけグイっとハンドルを切ったところでバキン!と激しいいう音。左のウインカーが飛んで行った。車を止めて降りてみると、駐車場の真ん中の電柱が見えておらず思いっきりぶつけた。左のウインカーはもげ、左の扉は思いっきり凹み、開閉不能。


喜怒哀楽がよく重なるね私たち。と笑い合っていたものだが、こんなことまで重なるなんて。
大変な大変な一日でした。
のぶえちゃん、本当にごめんね。ゆっくり休んで、最速で直ってね。




2020-11-20

2020年、島根への旅


 10月のある日に母から電話があり、お父さんがね足立美術館に行きたいな。パピコも一緒にって言ってるの。と 

ふむ、足立美術館といえば島根、以前出雲大社に車で連れて行ってもらったことがあったけどそりゃ遠かったことを思い出し、私一人の運転では到底無理だなと、東京に住む弟に相談してみると、二つ返事で快諾。

11/11,お昼前に福岡空港に到着した弟をピックアップし、牧のうどんで腹ごしらえをしていざ出発。高速からのぞむ中国道の紅葉の美しいこと。

御多分にもれず、高速でのナビに間違いを起こし道に迷ってしまい、境港の宿に19時過ぎに到着予定が、21時になってしまう。あ〜、風呂は?夕食は?

宿の方に大浴場があるスーパー銭湯的なものを紹介してもらうも、どう考えてもちと距離がありすぎる。もうこれは夕ご飯を先にしよう!と宿から歩いてすぐの居酒屋へいってみる。

なんと大当たりな居酒屋! 久しぶりに大変おいしいお魚を日本酒で堪能しました。家族全員こんなおいしいの久しぶりに食べたね〜と口々に言い合い、そりゃそうだよ、自粛自粛で我慢してきたもん〜


港町での朝の散歩。

向こうの通りは水木しげるロード。

宿の隣の喫茶店にて、モーニング。熊本出身の気のいいおばちゃんとボッコリヤンキーなお姉さん。私と栞ちゃんも傍目にはこんなふうに見えているんではないだろうか?と不安になる。


朝ごはんを済ませて、水木しげるロードをみんなで少し楽しんで、(朝早いからどこの店もまだ開いてない)いざ、足立美術館へ。


男おしんと言われた、足立全康さん。たった一枚の横山大観の絵が、彼を奮起させる。
確かに、大観の絵はこの美術館に飾られている他の作家の作品よりも躍動的で、それは陳列の順序からも窺えて、いい効果を奏している。
大観の作品がより映えるように、そして故郷への思いの深みがこの美術館の庭園のあり方を語っている。
ただ、美術館の横の安木節の会館とのバランスが残念だった。


お昼も過ぎたところで、出雲そば目掛けて出雲へ。
島根を東から西へ横断。弟が探し出したお蕎麦屋さんがこれまた絶品。
旅でのご飯は、大事です。
大正天皇だったかな?にも献上されたお蕎麦。



お腹が満たされたところで、出雲大社へお参り〜


旅のミッションはこなしました。
さ、帰路へ。


壇ノ浦でフグチリ鍋セットを買って、大急ぎで帰るも22時は軽く過ぎてました。
もうみんなでバタバタお風呂の準備をしたり、ご飯の用意をしたり。二日目の昼からんこ出てなかったパピちゃんも、帰って来ていつもの公園に行ったらポロリンコ。

座敷に敷いた布団のところへ行くと、弟の布団に丸まっているパピコ。

翌日、弟を空港まで送って、ちょっと実家で一休みしてから糸島に帰ろう〜ってところで実家の母と大喧嘩!(これは誰に話しても大笑いされる。旅行あるあるでんな。)

また、家族みんなでどこかにいけますように。










2020-10-22

そうちゃんのやりたい事



毎年の年末年始は実家に帰るようにしている。元旦は、家族とともに薫とえりちんとこの友達家族もやってくる。2件ともシングルマザー。
薫のところは看護婦さんになりたい高校生のタマちゃんとサッカー少年のそうちゃん。旦那さんは、3.11の前日に出て行ってそのまま帰ってきてない。
えりちんとこは、私立の中学校に通うまよちゃん。旦那の茅葺き職人だったそわかは3年前の夏にあっけなく屋根より上まで登って行ってしまった。

まだそわかが今世で茅葺き屋根職人をしていた頃、うちの実家とそわかの実家が歩いて行けるほどの距離だということに気づき、元旦の日の酔い冷ましにと たまちゃんそうちゃんに姪っ子たちも伴って犬の散歩に出かけた。そわかに電話してみると、100メートルほど先の小道から元気な顔が見えた。
「おめでとう」
「おめでとうございます。」
「うちに来て飲まない?」
「いいね、おじゃまする。」
正月に実家で飲むのは恒例となり、お互いに出会えるのを楽しみにしていた。

立春がすぎたころ、薫からこんな話を聞いた。
中学2年生のそうちゃん。間も無く学校である立志会で提出する作文がなかなか書けない。
「たまちゃんはなんて書いたの?」
「あのこは、その時から看護婦さんになりたいって言ってたわよ」
「僕、まだやりたいことなんて思いつかない。先生にそう正直に言って書いていいですかって聞いたら、ダメって言われた。とにかくなんでもいいから書きなさいって。」
この作文で生徒一人一人の進路の方向性を先生たちが考える材料にするらしい。

「ねぇ、ママ 僕 建築とかが興味あるかな?」
「え?そうちゃんが建築?ゼネコンとか?なに?どんな感じの建築?」
「あの、ほら宮大工とかっていうと? あのそわか君みたいな仕事。」
「茅葺き職人?」
「それそれ!僕、あんなのがかっこいいと思う。」
「へぇ〜!じゃそのことを書いてみたら。」

小学生の頃、2回元旦にそわか君に出会っただけのそうちゃん。
最後にそわかくんを見たのは、お葬式の時に流れていた彼の茅葺き職人の頃のビデオ。
また、来年の元旦に会うのが楽しみだね。







2019-04-15

Orange という町へ



やさしいたっちゃんは、目がさめると
「マコさんが好きそうなとこがあるっちゃん、今日はそこへ行こう!」
そう言って車の運転を始めた。
「俺たちの、アメリカのイメージって大滝詠一よね、ほら!このドーナッツの看板とかまさしくやろ?!」
うんうん!(あぁ、ナイアガラトライアングル、白川さんの代表作やん、、、)
「ほら!気球船も見えるよ〜」





たっちゃんがやさしいのは今始まったことじゃないんです。
かれこれ、30年くらい前のクリスマス。東京の街は東京ラブストリーの影響でカップルだらけ。
なんなんだ!この影響されやすい東京ボーイズ&ガールズは!ひ、一人で歩けんやんか〜〜い! というわけで、独り者の私は飯田橋で働くたっちゃんの職場に忍び込み、
「お願いたっちゃん、今日は家に一人で帰りたくないけん、一緒に帰って〜!」
「いいよ〜」
「ね、ご飯食べて帰ろうよ!ら、ラーメンとか!」
「いいよ〜」
同じ最寄駅について、バイバイ。
救われたよ!まだ、うら若き頃のあたしゃ! 余談でした。


さて、車がついた先は、町中がオールドタウン。
どういうこと!あんな車走るの?いや、走ってる、、、



最初に連れてってくれたこの店がツボだった!



写真ガンガンいきま〜す!














































すでに鼻血でそうなのに、外に出てみると、、、
きゃ〜〜〜!














































お店の庭、もっともっとかわいくしよう!と心に誓いました。
お昼ご飯食べて、まだまだアンティークショップは山ほど、、、

今回、猛烈に気に入ったこの子。連れて帰って来ればよかった、、、



夕食はショッピングモールへ



これ欲しかった〜



アメリカ南部のご飯、初めて食べる味で美味しかった。



楽しい週末だった。

2019-04-10

本当のTRUE ROMANCE



ポピーを見に行った後、たっちゃんとるりちゃんが迎えに来てくれた。
何年ぶりだっけ。
三人逸る気持ちを抑えつつ、夕食へ。
LAのショッピングモールのお食事どころ、侮れません。レベル猛烈高いです。
それぞれ好きな飲み物頼んで、美味しいご飯。
懐かしい話は、どこから話す?あぁ、時間が足りない、、、



夕食だけのつもりだったけど、今夜泊めてよ!と強引に申し込み受諾。
たっちゃんとこに泊まることにする。

















WHOLE FOODSでお買い物して、
たっちゃんちへ。
なんだ!ホテルカリフォルニアみたいな外観のこのマンションは!



たっちゃんと出会ったのは、30年近く前。
マコちゃん、俺の友達に会ってとおっくんから連絡があって初めて会ったのが恵比寿の駅前のKFCの前。 しょうがなく東京モードの格好してるけど、うんこ座りでヤンキー臭バリバリ、、、初対面の印象は、大丈夫かいなこいつ、、、だった。

紆余曲折あって、たっちゃんは東京生活を経て、ハワイで生活し、今はLA在住。
はぁ〜時間ってすごいね。

ポピー畑を後にハイウエイを走っている時に、もうこんなとこにどうして?というところにあったモーテル。ともちゃんが、
「こんなとこ、誰が泊まるんかねぇ〜?」と発していた言葉に、
いやいや、TRUE ROMANCEのクラランスとアラバマみたいに、北や東からひた走りに走ってきた人たちが、もう限界!ここで寝よう!ってとこなんじゃない?って思えた。
そう思わん〜?ってたっちゃんたちに言ったら、
「絶対そうよね〜!」って。
「そうそう!ビバリーヒルズ行ったらさぁ〜マイケルの家の隣って、エルビスの家んなよ〜」
「へぇ〜』
「俺たちこの前、珍しくTRUE ROMANCEの上映会があって映画館行ったら、ルリがポップコーンこぼしてさぁ〜、もう会場で『わざとやろ〜〜!』って、妙に盛り上がったんよ〜!」
あぁ、楽しすぎる!
壁にはこの絵。


今回初めての渡米で私のLAのイメージは、クラランスとアラバマがたまたま手に入れてしまったドラッグを売りさばきに行く場所のイメージ。

あながち違ってない。ありがとう、タランティーノ。ありがとうトニー・スコット、そして大好きなハンス・ジマーの名曲。



もう、ちょっとした美術館っじゃないですか!
下、TRUE ROMANCEのクライマックス。目を打たれたクラランスをおりゃ〜〜!とたくましくカンク〜〜ンまで車を走らせるアラバマ!たっちゃんのお友達の作品です。
左には、手塚治も宮崎駿もあこがれのメビウス・アイザックの作品。




















たくさんの素敵な作家さんたちのお話もしました。
いろんな分野で、それぞれ頑張っている友人たち。
もう、それ自体が財産!
楽しい夜でした。

2019-04-08

super blossom poppy〜Star Trek

ちあきちゃんと相方のトニーハンが、朝お迎えに来てくれて、
ハイウエイを走って走って連れて行ってくれました、ランキャスター。
今年は、冬?に雨がたくさん降ったせいで、LAの山沿いの各所で咲き誇るポピー。
毎年咲くんじゃないんだよ!今年は特別なんだよ!TVでニュースにもなるほどなんだよ!
LAに着いた先からともちゃんが週末はポピーを見せたいの!見にいくの!と言ってた意味が行ってみてやっとわかりました。
山が燃えているように見えるかのポピー畑!



しか〜し、ポピー畑の近くに車を止めて降りてみると、さ、さ、さぶい〜〜〜!
用意周到なトニーハン、人数分のフリースやらダウンジャケット、帽子、グローブをみんなに手渡し、連れてきたワンコのミスティくんを抱っこしてワンコはいけないから僕はここで待ってるから、「いってらっしゃぁ〜い!」
な、なんだ!このできた旦那は!

歩きます。USAは広いのです。自分の小ささを体で知らされます。



まだ朝なのか、気温が低いのか花が開いてない!
一山登って、降りてくるとやっと咲いてる!かわいいのぉ〜






ここら辺にはこんなやつらがいるんやね。
の表示。





















ポピー畑を後に、お昼ご飯。The アメリカ!In-N-Out
トニーハンの食べてる何これ!超グルテンフリー!



私たちは、王道をいきました。もちろんコーラでね。



腹ごなしが済んで、ハイウエイを走らせちょっといいとこよるよとトニーハン。
なんだ!ここは!
はい、Star Trekの舞台でした。



こわいよ〜
アメリカって州立の公園で、この規模。喧嘩しちゃダメよ。



ミスティくんも大喜び。これが今回行ったメンバー。カノンともちゃんの股の下、、、



こんなとこです。ヴアスケズロックス。



帰り道、アジアンマーケットによります。
もう世界中どこでも、どんな食材でも揃うよね〜最近は、、、



























ちあきちゃんちに帰ってきました。
いきなり料理を始めるトニーハン。なんなんだ!このタフでできたご主人は!
ちょっと、風邪気味なカノンちゃん 一足先に夕ご飯。



わたしは、ミスティくんとともにお庭でビール、ああ幸せ。



なんてかわい子ちゃんなんでしょ。



間も無くたっちゃんがお迎えに来てくれます。
あぁ、今日も楽しかった。
いやまだ今日はおわってない、、、