2008-09-25

久しぶりに来た同級生


今日、小学校の同級生が妹さんを伴ってお店にやって来た。
別の友だちから、彼が冬に倒れて入院したのは聞いてた。
去年の12月に彼はいわゆる脳梗塞ってヤツで倒れた。

すごくよく呑む人だったし、
ヘビースモーカーだった。
あまリ、言うことを聞かなくなった右手をかばうようにして慣れない左手でパスタを食べてた。
歩くのも片一方の身体を引きずるかのよう…

一人暮らしで近所に住む同い年の彼は
好きなだけ毎日お酒飲んで
たっくさん煙草すってたんだろうなぁ〜

なってしまってからの、思い当たる節もある。
思ってもいないのにとんでもないことが起きることだってある。
人の人生なんて解らないものだ。

“保険とか入っとったん?”
と、きく私に
“職場で倒れたけんね、
 いらんごと保険が利いたけんね、
あん時に、死んどきゃよかったんよ。”

……



への字眉で苦笑して何も言えない傍らの妹。

”なん言いようとよ、周りの身にもなってよ。
今、ここにおってくれるだけで嬉しいんやけん。”

確かに、彼がどんなに苦しんでいるのかは
私には、解らない。
ただ、彼が倒れたとき、
その後、病院に駆けつけたであろう身辺の人たち
その身辺の人たちに付随する周りのたくさんの人たちがいることを
忘れないでほしい。

あと一ヶ月、リハビリセンターで入院の彼。

“ここに来れるだけ上等タイ、また来てね。
それよりも、以前よりすごく穏やかな顔になっとうよ、あんた”
そういって送り出したら
妹さんが
“ここに来たらなんだか元気が出た。”
と言って帰っていった。

なってしまった人間も大変だがその周りの人間も大変。
ただ、だからって死んでしまおうと思ったり
そのまわりの人も巻き込むのは辛い。
お母さん、ダメだよ自分の子供殺めちゃ〜
近くの街でそういうことがあると泣きたくなるような気持ちだった、ここ最近。

生きていくって大変だけど
でも、楽しくって
その楽しみは自分で見つけていくしか無いんだよね。

2 件のコメント:

ヒルトップのうさぎ さんのコメント...

 まこちゃん、いいこと書くねぇ~。なんか小戸の事件とか・・・「言えない」暗い気持ちだったのよ。子どもが小さいうちは特に「自分の分身」のような気がして、母親は「絶対的権力」を持ってて(自分のことデス)、支配してました。
 街角なんかで、やたら子どもをヒステリックに怒っているおかあさんを見ると、胸が痛くなります・・・・。

 あんだけ怒られてても、やっぱり「おかあさん」が一番なんだわ。ほら「自分の母親」じゃなくても、「おかあさん」という言葉の持つ魅力ってありますよね。戦争で死んでいく兵士も「おかあさん」って言うみたいよね・・。
 なんかね、「物思ふ秋」かな? 諸行無常っていうか、アジア的な発想?なのかしら。お盆に「仏様が、帰って来る」という発想とかサ。あ。脱線(飛躍?)してしまった、ごめんなさーい。

 久しぶりのお友だちに、会えてよかったね。ラステック・バーンもそういう場所になれたってことですよー、まこちゃんガンバ(笑)

mako さんのコメント...

うさぎさん

あの事件のあと、
福岡西方面を中心に、なんだか世の中くらいムードだったと思いません?
私はたまりませんでした。
夜に涙があふれてきました。
なんてことする親がいるんだろう!って…

人って誰しもよりどころが欲しくって、
褒められたり、怒ってもらえたりが嬉しいんですよね。

母の力には及びませんが
いろんな人が癒される場所づくりを目指したいと思ってます。